◆ レアものの宝庫 セブ島北・リロアンは、ビーチダイブも熱い!

近くて(空港から30分)、浅い!! 奇跡の海!!

リロアンの海で、レアもの・コラボも狙う?

  

 2015年はマーメイドゴビーの年? 1ダイブで4個体!!

 ビーチエントリーが、

 こんなにスゴいなんて!!

 ● せっかくだから、レア度の高いヤツらか攻める?! (個体数 : 少)
 ついにハウスリーフでも出たっ! まさに、怪獣な顔ですな。

クロコダイルスネークイール

 梅太郎さんも、”怪獣”を激写してくれました!
しかし、こんなの、いるんですなぁ。

クロコダイルスネークイール

 1日で引っ越す”幻のハゼ”、2015年は1ダイブで4連発!学名なし! ハゴロモハゼ属の一種

激レアの逸品! このはかなさが堪んない! ハゴロモハゼ属の一種 マーメイドゴビー(通称)

 白ヴァージョンを差し置いて、黄色ヴァージョンで初登場! クロオビハゼ!
激レアの逸品! クロオビハゼの黄色ヴァージョン!
 こちらも現在行方不明に。 カスリハゼ属の一種。 1cmと小さいけど、それが可愛いんです!
激レアの逸品! カスリハゼ属の一種。 黄色い個体もいるぞ。

 こちらも、負けず劣らず、可愛いカエルアンコウ。 7mmと極小なので、次はどこに?
撮れる? 撮れない? 可愛いから撮りたいけど、、、。 小さすぎる?? イロカエルアンコウ。
 綱ちゃんが、自分で見つけて、自分で撮ってくれた白ヴァージョンの赤ちゃん!!
クマドリカエルアンコウの赤ちゃん!
 カエルアンコウの仲間たちは、探し方が悪いのか、個体数が少ない、、。 すぐ移動するし、、。
クマドリカエルアンコウ(黄色バージョン)
 隣のポイント”RSS”でよく見かけるタツノイトコだけど、ここでも登場することがあるんです!!

新ポイント・セブ・リロアンに来たら、タツノイトコは外せないね!

 全長2cm、幅0.5mm。 あまりの小ささに、タツノイトコかと思ったけど、尻尾にうちわがあった!

不明種ヨウジウオ!

 これも、左のヨウジウオを同じ? 体の色は”カイワレ大根”っぽいけどね! ヒメトゲウミヤッコ?

不明種? ヒメトゲウミヤッコ?

 ジャンシーズパイプフィッシュをこのアングルで激写する”くま3”は、達人だねぇ。
ジャンシーズパイプフィッシュ!
 ビーチ前でも見つかったレンベシードラゴン! 背中の突起が特徴ですな。
レンベシードラゴン!
 こちらは、突起なしのリロアンシードラゴン! 岩にもいたんだぁ〜。
リロアンシードラゴン!
 また変なのが見つかった! なんかの稚魚or幼魚だろうけど。

新ポイント・セブ・リロアンに来たら、タツノイトコは外せないね!

 擬態するタコ・ワンダーパス。 見つけても、なかなか全身を出さないので、気合を入れて!

ワンダーパス

 こっちも何かに擬態中? 眼の上に”棘”が見えますね。 ミミックオクトパス。

ワンダーパス

 この黒っぽい不明種タコが ⇒

不明種 タコ

 白っぽくなって ⇒

不明種 タコ

 ヒラメに擬態して逃げて行く??

不明種 タコ

 ちょいと地味だけど。属名不明の逸品。 クロート好みで、人気絶大!!

まだまだ属名不明。 イトヒキハゼ属だと思うんだけど。

 翌日には、移動しているこいつ。 こんなんでちゃんと泳げるのでしょうか?

カゴシマオコゼ属の一種

 いやぁ、背景をニュウドウダテハゼの臀ビレにするなんて! レア度高すぎ?

このコラボ、背景は激レア??

”しもぶくれ”な変なヤツ →
謎のジョーフィッシュ
ブハッ! ジョーフィッシュでした!
謎のジョーフィッシュ
丸い顔にも変身するのか!
謎のジョーフィッシュ
 ● お家があれば、だいたい見れるのですが、、、なかなか、、、お家がない、、、。 クラゲウオ!
クラゲウオ クラゲウオ
 ● メガネウオまで登場したハウスリーフ。 もう、どうしましょう(笑)?
メガネウオ メガネウオ
     
 ● 生存競争が激しいからか、すぐ引っ越すにくいヤツ (個体数 : 中)
 すげぇ! この背ビレ! これを見逃す手はないね! 引っ越すまでは、ほぼ確実に見れます!
オニツノハゼ!
 2cmの赤ちゃんでも、こんなに背ビレを立てて自己主張するんです!! 要マクロレンズ!!
オニツノハゼ 1cm強の赤ちゃん!
 定番のヒレナガネジリンボウも、3人で登場することも! 10m以浅で登場します!

ヒレナガネジリンボウ

 ↑オニツノハゼと背ビレ勝負は、レイドシュリンプゴビー↓
レイドシュリンプゴビー
 ペアでいることが少ないので、ペアを見つけたら、ぜひ撮ってほしいのです。
レイドシュリンプゴビー ペア!
 なぜかわかんないけど、オニハゼ属&ホタテツノハゼ属が集まっている団地が!

オニハゼ

 ホタテツノハゼ属の一種4は、背ビレの”棘”が伸長していない! 右と比べてみて!
ホタテツノハゼ属の一種4
 ホタテツノハゼ属の一種5は、背ビレの”棘”が伸長している! わかるかな? ↓
ホタテツノハゼ属の一種5
 ストロボが当たるまで、こんなに綺麗だなんて、気がつかなかった!! ゴメンなさい。

サオトメハゼ!

 こっちが、黄色バージョン(右が普通の色)。 黄色ハゼばっかり狙うのもあり!かな。

ホワイトアイシュリンプゴビー 黄色バージョン

 和名なしハゼ(ホワイトアイスシュリンプゴビー)も13mくらいから登場。

ホワイトアイシュリンプゴビー

 どうも、他で見るミナミホタテウミヘビとは、皮膚感が違うような、、、気がしない?

ミナミホタテウミヘビ

 アカタチ。 だいたいは、穴から出てこなくなるけど、一心不乱に仕事してる個体もいますよ!

アカタチ

 こちらは、アカタチのペア! なかなかペアで近くにいることは少ないので、見つけたら必ず!

アカタチ ペア!

 あっはっは! さすがに、3連発はダメでしたか!
失敗、失敗。

アカタチ 3連発! 失敗、、、。

 縦位置で、小林さんが決めてくれました!!

アカタチ

 しかも、こっちはペア! ↓

アカタチ ペア

アカタチ ペア

 ちょいと前に一世を風靡したもじゃもじゃエビ。 見つかると、数匹いるのだが、、、。

フィコカリス・シムランス

 なぜか、汚い個体が多いタツノオトシゴ。 そんなに移動はしないんだろうけど。

タツノオトシゴ。 オオウミウマの可能性大です。

 隣のタツノオトシゴと違って、なんと綺麗なこと! 同じところに住んでるのにねぇ〜。 なんで?

綺麗な個体は、イバラダツ!

 ● こんなにカッコいい&可愛いのに、ほぼ確実に見れる! (個体数 : 多)
 壊れそうで、はかない感じがいいこのハゼは、オレンジ斑点の周りが蛍光青! ぜひ、狙って!

ヤツシハゼ属の一種(オレンジ斑点) ムーンスポテッドシュリンプゴビー

 シーズンによって、大発生したり、いなくなったり。 困りますねぇ。

カニハゼ

 めでたい紅白と、黄色が綺麗なエビ。 小さいうちの透明感がある姿もなかなかですぜ!

スカシモエビ

 ビーチエントリーなら、見逃さないでほしい逸品。 この青、最高でしょ。

バンドテイルダートフィッシュ

 だいたい同じようなところにいるのだが、突然引っ越してるときが、、、(汗)。
ツマジロオコゼ
 和名がついた! リュウキュウハナハゼも。 3兄弟のように並んでくれるといいんだけどね!
クロユリハゼ属の一種3
 他のエリアでは、30m付近から登場するこの種も、20mいかないうちに登場するよ!

イエロースポテッドタイルフィッシュ

 カスリハゼ属の仲間達は、けっこういるけど、背ビレがカッコいいヤツは、希少価値大!

 1cm未満のヒメイカ属の一種。 ミミまで撮れたら、嬉しさ倍増?!

ヒメイカ属の一種

 ベニハゼの仲間(和名なし)・ブラックベリードワーフゴビーは、このポイントが最浅で、16m! ⇒ 

ベニハゼの仲間なのに、こんな穴に入るんだよっ! まるで、ギンポの仲間だねっ(笑)!

 
フタホシタカノハハゼ(黄色バージョン)
ゴールドスペックルドシュリンプゴビー
ホシゾラハゼ
サドルドシュリンプゴビー
マウデスシュリンプゴビー
ヤツシハゼ属の一種(背ビレ三角)
ギンガハゼ
ネイクドシュリンプゴビー


お問い合わせは、お気軽に!
aqbuds@yahoo.co.jp

アクアバディズ・トップページに戻る