◆ レアもの・マクロリロアンワイド も 楽しめる ポイント が あった! ◆
マクロ・ワイド、どっちでいく? 両方楽しめる欲張りなポイント ”JUN3”

2016年は、マダラトビエイも登場!

甲殻類も充実

↑アカマダラハタも1m級

↑ロングフェイスエンペラーはフエフキの仲間最大級

このページに登場する
   生き物達(登場順)
● ロングフェイス
     エンペラー
● スモールトゥース
     エンペラー
● アジの仲間 
● アオウミガメ
● ブルースポテッド
      スティングレイ
● アカマダラハタ
● ブラックフィン
      バラクーダ
● オオモン
     カエルアンコウ
● コールマンシュリンプ
● オリヅルエビ
● フリソデエビ
● フィコカリス・
       シムランス
● トゲツノメエビ
● コマチスベスベ
      オトヒメエビ
● クシノハカクレエビ
● ホヤカクレエビ属
      の一種
● ブルーレッグド
   ボクサーシュリンプ
● カクレエビ亜科
     の未記載種?
● サンゴヒメエビ属
      の一種
● イソバナカクレエビ
     属の一種
● ギヤマンカクレエビ
● コロール
   アネモネシュリンプ
● イソギンチャクエビ
● バサラカクレエビ
● ムチカラマツエビ
● ホシゾラワラエビ
● オランウータンクラブ
● カイカムリの仲間
● イボイソバナガニ
● トサカガザミ属
      の一種
● トサカガザミ属
      の一種
● イソコンペイトウガニ
● ナマコマルガザミ
● コマチガニの仲間
● カニダマシの仲間
● ウミテング
● イッポンテグリ
● ピグミーシーホース
● ホホスジタルミ
● ワスズ
    ジョーフィッシュ
● トマリヒイロ
     テンジクダイ
● フウライウオ(緑)
● クマソハナダイ?
● スプリンガーズ
     サンドダイバー
● イエローヘッデッド
    ドワーフゴビー?
● フタホシタスキベラ
 ● その フエフキの仲間達 が群れるんです!!
ロングフェイスエンペラーとアジの仲間! 1m級のロングフェイスエンペラー(キツネフエフキ)に混じって、スモールトゥースエンペラー、 アジの仲間が群れを成す。 群れの個体数は、30〜40とあまり多くないが、1m級の魚たちが作る群れは、圧巻!

 じゅんちゃん撮影

 ● リロアンは、マクロ(レアもの)の海だと思っているから、みんなビックリ!!
リロアンで見れるのは、”アオウミガメ”。 大きい個体は、甲羅だけでも1.4m。 他に1m弱の個体もいて、何匹いるのやら。 こちらは、深場の砂地に潜む”ブルースポテッドスティングレイ” どこまで寄れるか、試してみる?  セブの高級魚・ラプラプの一人”アカマダラハタ” 大きいくせに臆病で、撮るまもなく、岩の割れ目から隠れちゃいます(泣)!
アオウミガメ ブルースポテッドスティングレイ セブの高級魚 アカマダラハタ!
 写真が悪くて、申し訳ないのですが。 ゆうに1mを越すバラクーダも登場します。  リロアンでは少ない”オオモンカエルアンコウ” こんな色もいたんだねぇ。  こちらは、黒ヴァージョン。 黒いのは、撮るのが難しいね。
ブラックフィンバラクーダ。 はぐれてます。 オオモンカエルアンコウ 30cm オオモンカエルアンコウ 30cm
 ● ”甲殻類”のポイント! と言っても過言ではないでしょう! 是非、見てほしい!!
 イイジマフクロウウニが少ないので、なかなかコールマンシュリンプも見れないのですが、中村さんが激写してくれました!  こちらは、翌日には、いなくなっていた”オリヅルエビ”! リロアン初登場だったのですが、、。  やっぱりエビの王様は、フリソデエビかな。 永遠のアイドルでしょうか! すぐに引越しをするガイド泣かせなエビです。
久々に登場のコールマンシュリンプは、いつまでいてくれる? オリヅルエビは、”まぐれ”で発見? フリソデエビも人気大!
 眼の裏側が見えるフィコカリス・シムランス。 多いときは、1uに5個体以上。  今でもフリソデエビと人気を二分する(?)トゲツノメエビ!  こちら、コマチスベスベオトヒメエビ!って長い名前だなぁ。
フィコカリス・シムランス トゲツノメエビ コマチスベスベオトヒメエビ
 クシノハカクレエビも、らんままさんが激写! 粘ってましたよぉ〜(笑)  ホヤカクレエビとは、また違うホヤエビの仲間?   ブルーレッグドボクサーシュリンプも人気です!
クシノハカクレエビ カクレエビ亜科の一種 ようわからん、、、。 ブルーレッグドボクサーシュリンプ
 この白いサンゴに、新種のハゼが住んでいるらしい。 でも、見たことないのだ。  どうも、サンゴヒメエビとは違う、サンゴヒメエビ属の一種だって!  ↓ 形も模様も、微妙に異なる未記載種が多かった! イソバナカクレエビSP
カクレエビ亜科の一種 ようわからん、、、。 サンゴヒメエビ属の一種 イソバナカクレエビ
 うっ。ここまで透明だと、判別が難しい、、。 ギヤマンカクレエビ? ↓  もう、セブでは定番ですね。 コロールアネモネシュリンプ ↓  こっちも頭の”ギザギザ”が見えますなぁ。 イソギンチャクエビ ↓
ギヤマンカクレエビ? コロールアネモネシュリンプ イソギンチャクエビ
 立体感バツグンの写真! 津田さんが激写! バサラカクレエビ!! ↓  この背景の処理がいいですねぇ。 黒と白。 ムチカラマツエビです。  
バサラカクレエビ ムチカラマツエビ  

名前がついて、よかったよ。
 ホシゾラワラエビ! ↓

  ご存知、オランウータンクラブ。
左を向いているのがわかるかな?

 わかるかな? ウミアザミを背負ったカニ。 カイカムリの仲間です! ↓

ムギワラエビ属の一種 ⇒ ホシゾラワラエビ オランウータンクラブ! カイカムリ 可愛いのう

 困った顔の可愛いヤツは、ヒメキンチャクガニ!小さいし、隠れるし、撮るの大変!

 オレンジ色がやけに綺麗! しかも、青抜きだなんて! 山崎さんが激写!  
小さくても、人気度抜群! ヒメキンチャクガニ! イボイソバナガニ  
 擬態の名人・トサカガザミの仲間。 どうも、ツヤトサカガザミに似てますが、模様が短い、、です。  こっち(↓)のほうが、模様が下まで繋がって、ツヤトサカガザミっぽいですが、小さすぎて、、、ねぇ。  左のカニさんに負けず、こちらのお方も擬態の名人でっす! イソコンペイトウガニ
ツヤトサカガザミ? ツヤトサカガザミ? イソコンペイトウガニ

 ナマコマルガザミも、模様&色のヴァリエーションが豊富だよ!

 コマチガニの仲間も、まだまだ名なしが多い。 脚の蛍光色の斑点にも注目!

 青いカニダマシって、、、。 まだ学名なしのようです。 
ナマコマルガザミ コマチガニの仲間 カニダマシの仲間

 これさ、内臓とか、脳みそとか、どこにあるんだろうね? ウミグモです!

ウミグモ
 ● 甲殻類以外にも、”主役”をはれるレアものが登場します! オチビちゃんたち
 1cm未満のウミテングが、なんと、ペア! らんままさんが激写です〜  こちらも人気では、ピグミーに負けません!イッポンテグリの赤ちゃんは、7mm!  ダイバーに人気のピグミーシーホースは、−22m。 家が壊れて現在留守中
1cm未満のウミテング。 ペア! 田吾作と呼ばれるジョーフィッシュ! 田吾作と呼ばれるジョーフィッシュ!
 こちらのリトルファイルフィッシュも、1cm未満!
リトルファイルフィッシュも、1cm!
 ホホスジタルミの赤ちゃんは4cm。 でも、この頃からカッコいいシルエット!!  このお方。  あまりにも、泥棒ヒゲが似合いすぎる?? ワスズジョーフィッシュ  個体数が多いこのジョーフィッシュも、あくびシーンともなれば、レア度が高いね!
これまた小さいホホスジタルミの赤ちゃん! 3cm! 田吾作と呼ばれるジョーフィッシュ! 田吾作と呼ばれるジョーフィッシュ!
 ● おチビじゃないけど、こんなお方も!
 お魚大好きな「福原さん」もハマった赤いテンジクダイは、トマリヒイロテンジクダイ!  これもじゅんちゃんが激写! もうちょっと毛が生えてるとレアレアだったなぁ。 欲張りだっ><;  背ビレを広げないと、地味なヤツは、シグナルフィッシュ。 雄と雌で背ビレが違うよ!
トマリヒイロテンジクダイ 田吾作と呼ばれるジョーフィッシュ! シグナルフィッシュ
 あっし、ハナダイは詳しくないんですが、ストロボ当たると、綺麗ですね! フチドリハナダイの幼魚。  こっちのハナダイは、わかりますよ。 フチドリハナダイ。 腹ビレが綺麗です。 でも、帯がないから、別種に見えます。  ほっぺの赤点も、イエローヘッドドワーフゴビーの特徴だけど、全身黄色はレアなのか?
クマソハナダイ フチドリハナダイ ベニハゼの一種
 こちら、ベラのくせに穴に入る! まるで、ギンポ!! フタホシキツネベラ!  そのベラが、出てくると!!  そのベラが、黄色でピンクで、こんなに綺麗だった!!
フタホシタスキベラ フタホシタスキベラ フタホシタスキベラ
 これまた、顔出し! ブラウンショルダースネークイール!    
ブラウンショルダースネークイール    
 求人情報

  こんな素敵なポイントで、レアものを一緒に見つけてくれるスタッフを募集しています。 詳細は、メールにて。


新しい仲間(バディ)も
海が好きなら、大歓迎!!
お問い合わせは、お気軽に!
aqbuds@yahoo.co.jp

ハゼ好きに贈るポイント紹介

アクアバディズ・トップページに戻る

アクアバディズ・ダイビングマップのページへ